2009年度入学生より、建築士の受験資格を得るためには、必要な単位数をジャンル毎に取得していなければなりません。

3年生以降の専門科目は実質的に必修に近い科目もあり、履修には秋学期も含めた計画が必要です。

以下の表を参考にして、不明な場合は、修正期間までに指導教員などに相談へ行ってください。

 

一級建築士受験のための履修条件(実務経験2年)

指定科目1〜9の各必要単位を合計30単位以上習得し、その他と合わせて合計60単位習得すること

 

1:建築設計製図  7単位

(建築デザイン1~4・建築設計論1~2・デジタルデザイン・建築設備製図・建築構造製図)

2:建築計画    7単位

(住宅論・空間計画総論・コミュニティ計画・地域施設計画・現代建築の思潮・西洋建築史・日本建築史・まちづくり論)

3:建築環境工学  2単位

(建築環境計画・建築環境工学同演習)

4:建築設備    2単位

(建築設備・空気調和設備計画・空気調和設備設計演習・給排水設備設計演習)

5:構造力学    4単位

(建築構造力学1A同演習・建築構造力学1B同演習・建築構造力学2同演習・空間構造解析同演習)

6:建築一般構造  3単位

(建築鉄筋コンクリート構造同演習・建築鋼構造同演習・建築耐震工学・建築基礎構造)

7:建築材料    2単位

(生産構法実験・建築材料)

8:建築生産    2単位

(建築施工・生産構法)

9:建築法規    1単位

(建築法規・都市と制度論)

10:その他      

(空間測量実習・建築入門・建築入門ゼミナール・建築美学・ランドスケープ)

建築士受験資格チェックリスト(2010年度以降入学生用)
2010年度以降入学生は、このチェックリストを用いて、受験資格があるかどうかを確認してください。
建築士受験資格チェックリスト(2010年度以降入学生)Ver1.3.xls
Microsoft Excel 80.5 KB
建築士受験資格チェックリスト(2009年度入学生用)
2009年度の学生は、このチェックリストを用いて、受験資格があるかどうかを確認してください。
建築士受験資格チェックリスト(9A生用)Ver1.2.xls
Microsoft Excel 82.5 KB