中野先生がパッシブデザインコンペの審査員に

環境工学の中野先生が、パッシブデザインコンペ実行委員会(OMソーラー)主催の「パッシブデザインコンペ」の審査員をされたそうです。

 

講評などが「パッシブデザインコンペ」webページで公開されていますので、ご覧ください

webサイトから中野先生の講評
中野淳太

省エネに対しても、「設備の効率化」という考え方から、建物側でエネルギーをうまく使っていこうという考え方が浸透してきましたが、まだパッシブデザインに取り組むことは贅沢なことだという位置づけのような気がしました。ただ、3.11以降、多くの人は電気やガスに頼りきった状態では安全・健康な暮らしはできないと考えるようになったと思います。
パッシブデザインとは、まずは建物の基礎性能を上げることです。しかしパッシブデザインによる建物はオートマチックではないので、住む側の意識や知識、実行力が不可欠です。この2つの側面からの工夫が大切で、そのためにも建物には基礎性能だけではなく、住まい方、住みこなし方を誘発するようなデザインも求められます。今回の作品ではそれが実現されているものもありました。今後、住宅だけではなく、不特定多数の人が利用する建築においても、どれだけパッシブデザインというものを成り立たせていけるかということに期待します。