小沢研星野さんの卒論が日本建築学会優秀卒業論文賞を受賞

星野紗莉さん受賞風景
星野紗莉さん受賞風景
小沢研究室を今年3月に卒業した星野紗莉さんの卒業論文が、日本建築学会優秀卒業論文賞に選ばれ、8/23に早稲田大学大熊記念講堂小講堂で行われた優秀卒業論文賞表彰式で表彰されました。
小沢研の優秀論文賞受賞は3回目。
(2004年小林久美子・山田麻衣(赤坂離宮)2005年内川亜紀(地震御殿)
今年度の優秀卒業論文賞は、全国51大学から応募があり、選考対象は計86編。
計画系では46編中7編が優秀卒業論文賞に選ばれています。(構造系は4/24・環境系は4/16)
受賞大学:大阪大・山口大・首都大・京都大・新潟大・宇都宮大・名古屋大・神戸大・明治大・九州大・東海大・奈良女子大・大阪大・京都大・長崎大
表彰状を持つ星野さん
表彰状を持つ星野さん
星野紗莉
「日光周辺地域における太子講の実態とその変容ー職人組織の運営形態と地域・社会背景との関係」
栃木県内の太子講という職人組織の実態調査と、史料にみる様態との比較による職人組織の変容です。
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。