3年次落合拓也さんが建築新人戦2011でベスト8に

落合案
落合案

工学部建築学科の落合拓也さん(3年次生)の設計作品「つうじあう小学校~黒板が動き出し変わる日常~」が、10月8日に梅田スカイビル・ステラホールで行なわれた「建築新人戦2011」の2次公開審査で上位8作品に選ばれました。これは、大学3年次生までの設計課題作品を対象としたコンテストで、今回で3回目の開催。全国から応募された約1000作品から100作品が選ばれる一次審査で3作品が残り、2次審査の結果、ベスト8に1作品、ベスト16に1作品が残る好成績をおさめました。

http://554c24c85f15be3.lolipop.jp/2011/jusyou33.html

 

ベスト8作品

落合拓也:つうじあう小学校~黒板が動き出し変わる日常~(建築設計論1課題)

ベスト16作品

清水佑基:マンガの森~真っ白な壁にさようなら~(建築設計論1課題)

上位100作品

岸田賢人:Read by Senses~一冊の雑誌を具現化した五感で感じる本屋~(建築デザイン4課題)

 

「建築新人戦」は、今後活躍が期待される新人の発掘をはじめ、他大学の学生との交流や作品評価を通して、学生が自身の構想や技量、そして教育環境のレベルを問い直すことを目的としているものです。