1/27(金)にKD賞審査会が開催されます

2011年度東海大学建築会最優秀デザイン賞審査会

東海大学建築会(学科同窓会)が卒業設計を対象に最優秀デザイン賞(KD賞)を2006年に創設し今回で第6回目を迎えます。
例年審査員を学科卒業生を中心に選抜しておりましたが、今年度は何らかの形で東海大学にゆかりのある建築家とOBにより構成された審査員にて選考するという形でリニューアル致します。
審査方法は、1 次審査および2次審査を公開形式とし、3次審査を非公開にて最優秀KD賞を選出したいと思います。
審査結果は、11/28(土)の優秀卒業設計発表会にて発表致します。

審査方法ですが、1次審査は各作品の学生の発表によるパネルセッション方式で行い10名に絞り込みます。
その後2次審査では1次通過者へより詳細な質疑応答を踏まえ入賞者5名を決定します。
3次審査は別室に移動し、非公開で最優秀案と各審査員賞を選考します。

卒業設計の作品を提出した学生の皆さんには発表の準備をお願いします。
当日参加できない学生作品は誠に不本意ではありますが、提出物のみで審査させて頂きます。

日時:2011年1月27日 13時~17時30分
11:00 会場設営および審査員下見 
12:00 昼食 (山田記念室)
13:00 1次審査
    (学生1人に付き3分の発表)発表者5人を1セットとし、計6セットの30名を審査
     1セットごとに審査員による質疑タイム5分を設ける・途中休憩あり
15:30 審査員の投票により2次審査通過者10名程を選定
16:00 2次審査 学生への質疑応答を兼ねて1人5分程度の審査
17:00 公開審査会終了
17:00 3次審査 別室(山田記念室)にて最終審査
     優秀賞及び各審査員賞の5名を選定する ーセッション方式 各作品5 分間のプレゼンテーショ ン
場所:東海大学 17号館2F ネクサスホール
審査員:
吉田研介(吉田研介建築設計室/元建築学科教授)
彦根アンドレア(A.H.ARCHITECTS)
納谷新(納谷建築設計事務所/非常勤講師)
白子秀隆(白子秀隆建築設計事務所/建築会副会長)
コーディネーター:
富永哲史(富永哲史建築設計室/建築会会長)
賞:
最優秀デザイン賞1点・審査員賞数点