真下教授の最終講義が行われました

構造系の真下先生が2011年度で退職されることになり、2/14(火)に6号館103教室で、最終講義が行われました。

 

最終講義は、専門のシェル構造の歴史を概説に始まり、37年間の教員生活から自身の生まれる前に記憶の話まで多岐にわたり、最後に卒業生から大きな花束が渡されました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    鮫島 政志 (日曜日, 26 2月 2012 13:03)

    真下先生、本当にお疲れさまでした。