1/29(火)に建築会のKD賞審査会(卒業設計)が開かれます。

1/29(火)に、17号館ネクサスホールで、東海建築会卒業設計賞(KD賞)の審査が行われます。

これは、建築学科のOB会が独自に選ぶ賞で、今年の審査員長は岸本和彦先生です。

他には、OB若手建築家として、白子秀隆・井上玄・番場俊宏の3名が審査に加わります。

 

東海大学建築会卒業設計賞 2013(Kenchikukai Design Award)

 

審査会は3段階方式による公開審査とします。

審査会参加希望の学生は1/29(火)10:45までにネクサスホールに集合してください。

 

11:00~11:15 審査委員紹介・審査方法説明等

11:15~13:45 全作品読み込み(@5分*30作品)

13:45~14:00 1次審査

14:15~14:45 2次審査

14:45~16:30 3次審査

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。