吉松研の作品が只見町新庁舎プロポーザルコンペの最優秀になりました

吉松秀樹教授が、研究室の大学院生と参加した福島県只見町役場新庁舎プロポーザルコンペの第三次審査で、最優秀案に選ばれました。

 

このコンペは、1960年に建てられた既存の庁舎および只見地区開発センターの老朽・狭あい化と、耐震性能の不足を解消するため、現庁舎敷地内に合築するアイデアを求めていたものです。

吉松案は「塔としての庁舎」をコンセプトとし、景観を見渡すレベルに「只見リビング」と呼ぶ地区センター機能を浮かべ、その足下に半屋外的な無雪空間を置いて隣地の雪祭り広場と連動させる構成で、庁舎の機能は既存の分庁舎と並べ、1階に集約しています。

建築の象徴性ではなく、小さな町にどんな庁舎が相応しいのかを問うコンセプトが高く評価され、10 人の審査員全員の支持を受けて最優秀案に選ばれました。

 
研究室では、大学院修士2年生の3名と研究生がコンペに参加し、日本有数の豪雪地帯に建設される庁舎のあり方について計画を練りました。3次審査では、省エネルギーを専門とする高橋達准教授のアドバイスも受け、冬期に対する環境計画を提案しています。

 

吉松教授は、「院生たちがとても頑張って計画を練ってくれました。只見町を最初に訪問した時に見た雄大な景色がコンセプトの原点です。人口5000人の小さな町のこれからを担う庁舎のあり方を議論しました。三次審査を聞きに来ていた町民の女性が、「私がいいと思っていた案がやはり最優秀だった・・」と話しながら帰っていったのがとても嬉しかったですね。これから始まる町民とのワークショップは研究室と合同でやっていこうと思っています」と話しています。

 

審査講評は下記

http://www.tadami.gr.jp/tyousya/kouhyou.pdf

建設通信新聞ニュース

http://www.kensetsunews.com/?p=7599

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    tutaj (金曜日, 17 11月 2017 22:55)

    niepodduszany