横浜港・象の鼻テラスで卒業設計・優秀作品展を開催しました

工学部建築学科では4月11日(金)から13日(日)まで、「建築とカタチ―東海大建築卒業設計・優秀作品展2014―」を横浜港にある公共施設「象の鼻テラス」で開催しました。

この催しは、学生が学んだ成果を広く一般に知ってもらうことなどを目的に2010年度から実施しているもので、5回目の開催になります。

今回は、震災以降に建築の価値観がハードからソフトに寄っていることに着目し、現代における「建築のカタチ」をテーマにしています。

今年1月に湘南キャンパスで行なわれた審査会で優秀作品に選ばれた卒業設計など14作品と建築新人戦最優秀賞や住宅課題賞受賞作など課題優秀作品5作品が展示され、3日間を通じて約500名の学生や一般市民が来場しました。

ゲスト建築家の手塚さん・篠崎さん・山口さん
ゲスト建築家の手塚さん・篠崎さん・山口さん

12日(土)に催された座談会「卒業設計とカタチ」では、建築家の手塚由比さん(手塚建築研究所代表)・篠崎弘之さん(篠崎弘之建築設計事務所 )・山口紗由さん(Drawing notes)の3名をゲストに迎え、それぞれの建築家が考える「カタチ」から卒業設計を見直し、提案とカタチの関係について話を伺いました。

13日(日)には、卒業生の若手建築家や都市専門家を迎え、現在取り組んでいる建築や都市のカタチについてお聞きし、実務における周辺環境とプログラムとカタチのバランスについて、「建築のカタチ・都市のカタチ」を考える座談会を催しました。

学生たちは、建築家や卒業生たちのプレゼンテーションや議論を聞き、プログラムとカタチとの関係について、強い刺激を受けていました。

卒業生による「建築のカタチ・都市のカタチ」座談会風景
卒業生による「建築のカタチ・都市のカタチ」座談会風景

建築とカタチ~東海大建築卒業設計・優秀作品展 2014~

4月11日(金)~13日(日)に、「建築とカタチ」と題した東海大学工学部建築学科の展覧会を横浜・

象の鼻テラスにて開催します。これは、2013年度の卒業設計・優秀作品を展示し、震災以降建築の価値観がハードからソフトに寄っていることに着目し、現代における建築のカタチの意味を問いかける企画です。関連イベントとして、4月12日(土)に「卒業設計とカタチ」をテーマに、大学で教えられている建築家の方々をゲストに迎え、提案とカタチの関係についての座談会、4月13日(日)に「建築のカタチ・都市のカタチ」をテーマに、国内外のプロジェクトで活躍されている建築家・都市専門家をゲストに迎え、実務におけるカタチについて座談会を開催します。


会期

2014年4月11日(金)~13日(日) 10:00~18:00 入場無料


会場
「象の鼻テラス」
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口より徒歩約3分

関連イベント

4/12(土)15:00~18:00

テーマ:「卒業設計とカタチ」

建築家がどのようにカタチをとらえているのか、それぞれの建築家が考える「カタチ」から卒業設計を見直し、提案とカタチの関係について考えていきます。

ゲスト         :手塚由比(手塚建築研究所 代表)

ゲスト         : 篠崎弘之(篠崎弘之建築設計事務所)

ゲスト     :山口紗由(一級建築士事務所 Drawing notes)

モデレーター:吉松秀樹(東海大学教授 / アーキプロ)

 

4/13(日)15:00~18:00

テーマ:「建築のカタチ・都市のカタチ」

多方面の設計関係者を迎え、現在取り組んでいる建築や都市のカタチについてお聞きし、実務における周辺環境とプログラムとカタチのバランスについて考えていきます。

ゲスト   :番場俊宏(abanba/2002年度修士課程修了)

ゲスト   :谷章生 (竹中工務店/2005年度卒業生)

ゲスト   :安田淑乃(鎌倉市役所都市調整部建築指導課/2006年卒業生)

ゲスト   :信田健太(建築設計/2008年度修士課程修了)

ゲスト   :横溝惇 (飯田善彦建築工房/2006年度卒業生)

モデレーター:吉松秀樹(東海大学教授 / アーキプロ)

主催:東海大学卒業設計展2014実行委員会


後援:東海大学工学部建築学科


協力:象の鼻テラス

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    tutaj (金曜日, 17 11月 2017 20:45)

    gietrzwałdzki

  • #2

    tarot miłosny (金曜日, 17 11月 2017 21:42)

    konfliktogenność