院生の奥墨直人さんが材料学会関東支部学生研究交流会で優秀講演発表賞を受賞しました

8月30日に17号館ネクサスホールで開催された『日本材料学会 関東支部』主催の『2014年度 学生研究交流会』で、大学院生の奥墨直人さん(藤井衛研究室)が、優秀講演発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。

受賞論文タイトルは「PVA 繊維とビニール紐を混入した流動化処理土の力学的性質について」です。

 

この交流会は、各大学で材料関連の研究を行っている院生や学部生の交流を目的tしたもので、学生主体の研究発表会です。発表者やそれぞれの指導教員を含め74名が参加しました。