2014年度計画系優秀学士論文賞5名が決まりました

1/30〜31の発表後、計画系で選ぶ優秀学士論文賞が投票の結果5名選ばれました。

 

優秀学士論文賞受賞者5名:
建築学科計画系から授与される優秀卒業論文賞

*渡部京介(小沢研)
相模国大山寺本堂の復原的研究
*岡崎 晴香(小沢研)
日高胖の鎌倉自邸の平面・意匠と和洋折衷の思想
*濱崎 源記(小沢研)
民家における樹種の使い分けとその地域・年代傾向 ―「適材適所」の成立背景
*池宮 秀平(加藤研)
代官山地域における歩行者中心の道路及び沿道空間のあり方 ―猿楽町エリアを対象に
*櫛毛 基裕(加藤研)
港北ニュータウン及び周辺地域における公園・緑道の評価と実態 ―都筑区内の異なる世代層の視点から

ノミネート
*塚原明日香・林 由子(小沢研)
住宅会社の公告にみる住宅像の変遷と表現方法