優秀修士論文賞・修士設計賞(計画系)が決まりました

2/20(木)に、16号館303教室にて、大学院建築学専攻の修士論文・修士設計審査会が行われ、論文9題(9題)と設計6題(6題)が発表されました。

論文は8分発表5分質疑、設計は6分発表7分質疑で、院生らしいスライドを用いた発表が行われ、教員たちからの厳しい質問や感想に答えていました。

 計画系では、教員の投票により、下記のような賞を決定しています。

 

MD賞・レモン展出展・JIA修士設計展出展:

石川雄斗君(杉本研) 都市における木造高層建築の提案〜木文化を継承する静岡ウッドセンター〜

修士論文賞:
高田大輝(十亀研)収納時不変型2次元展開形態に関する研究