横浜港・象の鼻テラスで卒業設計・建築デザイン展2014を開催しました

工学部建築学科では4月11日(土)から12日(日)まで、「いま、社会が求める建築とは?―東海大建築卒業設計・建築デザイン展2014―」を横浜港にある公共施設「象の鼻テラス」で開催しました。

この催しは、学生が学んだ成果を広く一般に知ってもらうことなどを目的に2010年度から実施しているもので、6回目の開催になります。

今年1月に湘南キャンパスで行なわれた審査会で優秀作品に選ばれた卒業設計と課題優秀作品が展示され、2日間を通じて多く学生や一般市民が来場しました。

4/11(土)には、「いま、社会が求める建築とは」と題したシンポジウムが開催されました。

シンポジウムは、大きなテーマを3つのサブテーマに分け、それぞれゲストパネラーからプレゼンテーションを題材に議論をする形式で進行。
テーマ1、「都市と建築」では、作山先生(芝工大)からアーバンデザインの役割と建築に対する課題の提案があり、「関係性のデザイン」、「対立型の調和」、「デザインレビュー」など数多くの提案がありました。
テーマ2「アートと建築」では、ワコールアートセンターの守屋さんから、ワコールのアートセンターの活動の紹介、そして象の鼻テラスにおけるアート活動の紹介、そしてアートの社会における役割について解説があり、「アーチストの方が建築家よりも社会をよく見ている」「これからは建築家の役割が重要ではないか」など、我々建築分野に投げかけがありました。

テーマ3「地域と建築」では、地元横浜の建築家青木さんから、ご自身の建築に対する姿勢である「暮らしのデザイン」「建築とインテリアの一致」など、そして横浜での活動の紹介がありました。