7/23に春セメスターの総合講評会を開催しました

恒例の春セメスターの総合講評会が、7/23(木)に17号館ネクサスホールで開催されました。

 

総合講評会は、建築設計授業の優秀作品を一同に集め、選ばれた学生の発表を設計担当教員全員で講評するイベントです。学生が多くの教員から直接講評を受け、また他学年の優れた作品を見ることで視野を広げ、設計へのモチベーションを高めることを目的に、年に2回7月と1月に実施しています。

 

2年次の建築デザイン3の茶室やつなぐ家や都市型共同住宅の3課題から始まり、 3年次の建築設計論1の低層スタジオ2課題と多層スタジオ2課題、1年次の建築デザイン1「小空間の設計ー身体寸法と空間」、院の設計スタジオ1の素材から考える家や建築学会設計競技応募案(大学院生)まで、4つの設計演習授業10課題から優秀作品が選ばれ、設計論1の最優秀課題賞の表彰の他、各教員の個人賞として建築関連の書籍などが学生たちに贈られました。

 

昨年からスタジオ制になった3年課題には卒業設計に匹敵する力作もあり、参加した30名近い建築家の先生方も熱心に作品を見て、意見が交換されました。


建築設計論1最優秀課題賞 木村貴一

建築設計論1優秀課題賞  名畑碧哉・小野里紗・比佐諒斗・中村浩貴・桝田祥子

 

【発表】

建築デザイン1・同演習(1年)

小空間の設計~身体寸法と空間~

建築デザイン3・同演習(2年)

Tea ceremony house-茶室

つなぐ家をつくる

都市型共同住宅

建築設計論1・同演習(3年)

まちの駅〜これからのショッピングセンター+こども館/

マチでホンを読む〜公園のような都市のリビング/

ジャパンミュージアム

オモテサンドウ・スクール・オブ・デザイン

建築設計スタジオI・III(院)

2 つの素材から考える住宅

日本建築学会設計競技『もうひとつのまち・もうひとつの建築』 

【展示】

杉本洋文研究室  結っ小屋~泊プロジェクト~/名取市下増田児童厚生施設/東北復興プロジェクト

吉松秀樹研究室  ニアス島伝統的木造集落デザインリサーチ/修士デザインリサーチ/

         日本建築学会設計競技/宮島口まちづくり国際コンペ/学部デザインリサーチ

渡邉研司研究室  シカゴ建築都市研究・西洋文化史研究

建築計画特論   湘南二宮町の建築・都市研究

住居環境計画特論 東日本大震災復興の基盤整備を検証する