建築学科が入る19号館の建設が始まっています

6/22から建築学科が入る19号館の建設が始まっています。19号館は建学75周記念事業の一環として進めている理工系施設整備事業で、17号館横の研究実験棟A館B館跡地に建設するものです。

地上10階建で、1階には学生交流スペースやカフェステーション、2階にはラーニングコモンズ、プロジェクト室などを設置。3階にはアカデミックラウンジや実理工系工房が用意されています。4階5階に、建築学科の研究室と演習室、学生室、コミュニケーションエリアなどが移る予定で、実験室以外の全ての建築学科の教室がまとまることになります。

19号館は、2017年4月から使用される予定です。